So-net無料ブログ作成
検索選択

ゴーヤとじゃがいも、鶏肉カレー [日記]

2009年5月20日(水)/晩ごはん

最近帰りが遅かった夫ですが、
久々に私より先に帰宅してカレーを作ってくれました。

090520_1.jpg
・ゴーヤと鶏肉カレー
・きゅうりと新生姜、とろろ昆布塩もみ
・新玉ねぎとみょうがサラダ
・黒豆
・自家製らっきょう
・七福米ごはん

090520_2.jpg
・ゴーヤとじゃがいも、鶏肉カレー
 鶏骨付きもも肉に焼き色をつけてから水を加え
 ゴーヤ、なす、人参、じゃがいも、エリンギ、黄パプリカ
 などをせっせと鍋に入れて、
 カレー粉とトマトケチャップを加えてから最後に
 表面に浮いたカレー粉成分?の脂をばんばん取り除いて
 出来上がり。

【じゃがいも】…〔甘、平/胃、大腸経〕
         和胃健中、解毒消腫

 じゃがいもは中医薬膳では馬鈴薯、山薬蛋、土豆などといい、
 胃痛や腫れ物、湿疹などによいとされています。
 病後の脾胃虚寒や呼吸が浅くてだるいとき、また
 生のままの絞り汁(発芽していない新鮮なものに限ります)は、
 胃・十二指腸潰瘍の痛みに効くそうです。

 定番中の定番というか、常備食材の王道?のような
 じゃがいもですが、フシギと私自身はあまり
 使おうと思いつかず、買ってくるのはもっぱら夫です(笑)。

 ただ、薬膳学上では上述のとおり、脾胃のはたらきを
 助ける平性の食材ですし、またカリウム豊富で血中塩分を
 排出してくれるので、やはり適度に採ったほうがいいですね。

つわりがまったくなかったお気楽者ですが、敢えて挙げるなら
ニンニクと玉ねぎの炒めたニオイが、そういえばちょっと
鼻につく、のかなぁ…。
とポロリと先日喋ったら、どちらも使わないカレーになってました(笑)。
 
そういえば、職場でママになったばかりの女性も
にんにくと長ねぎを妊娠中は全く受け付けなかった、とのことで、
また母親学級で知り合ったママ友の方から教えていただいた
本にも、にんにくはつわりを悪化させる食物のひとつです、とありました。

…「炊き立てのごはんのニオイでうっとなる」んじゃないのねー。



 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。