So-net無料ブログ作成

鰤(ブリ)大根、浅利(アサリ)とキャベツの和風スープ [日記]

●2009年8月31日(月)/晩ごはん

産休3週目は台風接近の雨の中、
朝一番の保育所見学で始まりました。

幸い、自宅から近いところだったのと、
風雨がひどくなる昼前だったのでセーフでしたが、

見学を終えて早めに買い物をして自宅に着いた途端、
激しい横殴りの雨が…。
こんな時に家に居られるのってシアワセですねぇ…。

昼すぎに、また新たに保育所見学のアポ入れ。
さすがに台風直撃かもな午後に出かけるのは躊躇して、
明日に予約を入れました。

昨日の買い物疲れが尾を引いていて、2時間ほど昼寝。
ニンプは眠くなるといいますが、最近夜寝ていても
明け方近くにお腹の重さでふと目が覚めてしまうため、
眠りが浅いようです。

なので、ちょっとだけでも昼寝すると
体調回復に効果的なことを発見しました。

晩ごはんは、鰤(ブリ)のあらが安く手に入ったので
大根と一緒に炊きました。
産休前は砂出しの時間が取れず、夜食卓にのせづらかった
浅利(アサリ)もじっくりスープにできました。

090831_1.jpg
・鰤(ブリ)大根
・浅利(アサリ)とキャベツの和風スープ
・さらし玉ねぎとクレソンのおかかポン酢サラダ
・キャベツと人参、しそ、ごま浅漬け
・らっきょう
・茶豆
・ごはん

090831_2.jpg
・鰤(ブリ)大根
 輪切りにした大根に隠し包丁を入れて鍋底に敷き、
 出汁用の昆布と洗って軽く塩しておいた鰤のアラを並べて
 水、日本酒、さとう、生姜スライスを加えてひと煮立ちさせ、
 しょう油とみりん、塩少々を加えて落し蓋をして味をなじませました。

090831_3.jpg
・浅利(アサリ)とキャベツの和風スープ
 砂出しした浅利の半分がひたる程度の水と日本酒で強火で一気に
 貝の口を開かせてエキスを出し、水を加えて日本酒、しょう油だけで
 シンプルに味付け。キャベツの芯を甘みの出汁に使って煮立て、
 仕上げにキャベツの葉と人参を加えました。

【浅利】…[甘、鹹、寒/--]
      降圧 止渇利尿 安神 瀉火

 浅利は中医薬膳学では血圧を下げ、のどの渇きを抑えかつ利尿効果があり
 私のように妊娠後期でむくみがある者には向いていると思います。

 また気持ちを落ち着かせてくれる(安神)のと、体の内熱やほてりを
 抑える瀉火のはたらきもあって、なかなかの優秀食材です。

090831_4.jpg
・さらし玉ねぎとクレソンのおかかポン酢サラダ
 極薄にスライスした玉ねぎを水によくさらしてから絞り、
 クレソン、プチトマトとさっくり和えて、食べる直前に
 おかかと旭ポン酢をかけていただきました。

36週目、ますますお腹のぽこぽこ♪がすんごいことに…。
それによく、しゃっくりします(笑)。
心肺機能の強化につながるのでよいことらしいのですが、
ひとのお腹のなかで「ひっく。。」とか言ってるのかと思うと
妙に笑ってしまうんですよねぇ…。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 2

コメント 2

やっほう

こんばんわ、やっほうです。
浅利ってむくみにいいんですね!!
いい事聞きましたよ~オイラも取り入れて行きたいとおもいます。
むくみが出てからは日中に意識的に横になるようにしています。
大分違うような気がするなぁ??
by やっほう (2009-09-02 23:03) 

うさき

>やっほうさん、むくみ解消の基本は「淡味で消化のよいもの」と「利水・利尿作用のあるもの」だと中医薬膳では考えます。
利水・利尿効果があるものとしては、とうもろこし、冬瓜、玉ねぎ、緑豆、はと麦(→効果大ですが妊婦には▲)、山芋、大根、梨、スイカ、などありますが、体を冷やす寒涼性の食材が多いため、脾胃を痛めやすいのです。(浅利も寒性なので然り)

なので、温熱性の食材でバランスをとるのがポイントです。ほら、浅利に千切り生姜を入れるとか、鶏・牛・羊肉と一緒に炊くとか(豚は涼性)、ふつうに思いつくメニューで充分まかなえますよね。

かくいう私も試行錯誤の日々ですが、むくみっ子同士(?笑)、少しでも症状改善に向けてがんばりましょうね♪


by うさき (2009-09-03 16:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。