So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2009年05月 |2009年06月 ブログトップ
前の10件 | -

鮭とやさいのオーブン焼き [日記]

●2009年5月31日(日)/晩ごはん

朝から終日、鍼灸学の授業でしたが
昼休みにわざわざ友人が顔を見に来てくれました。

妊婦用のボディケアオイルと、かわいらしいぬいぐるみの
手土産までもらいました。大感謝[黒ハート]です。

ぬいぐるみ、“エゾモモンガ”とタグに説明書きされていましたが
手足を広げた白いおなかがどうみても「はんぺん」に見えて
妙においしそう…(笑)。

090531_1.jpg
・鮭とやさいのオーブン焼き
・スナップえんどうとアスパラガスサラダ
・トマト
・クリームセロリスープ
・バゲット
・グレープフルーツとはちみつ漬けプラム

090531_2.jpg
・鮭とやさいのオーブン焼き
 耐熱皿にゆでたじゃが芋と、玉ねぎ、米ナス、
 塩こしょうしてひと口大に切った鮭切り身、
 マッシュルーム、黄パプリカ、スナップえんどうを重ね、
 日本酒と塩こしょう、オリーブ油少々をふりかけて
 オーブンで30分焼きました。

【鮭】…〔甘、温/脾、胃経〕
     温中理気、活腸活血

 鮭は中医薬膳で果多魚などともいい、
 脾胃を温め、お腹の気のめぐりをよくしてくれます。
 胃腸虚弱などにはおすすめの食材です。

 余談ですが、鮭は白身魚に分類されるんだそうです。
 えさのプランクトン色素があのサーモンピンク色の成分だそうで、
 色が濃いほうがえさをたっぷり摂っていたということで、
 脂がのっておいしいんだそう。

090531_3.jpg
・スナップえんどうとアスパラガスサラダ
 ロメインレタスに塩茹でしたスナップえんどうと 
 アスパラガスを加えただけ。
 ドレッシング代わりに、乱切りにした完熟トマトに
 塩こしょう、お酢をかけてまぜたものを別添えしました。

今週末もあっという間に終わってしまいました。
午後いっとき激しく降った雨も、明日からは晴れるようで
また1週間、気合入れてがんばらねば。。。

友人からもらった上述のモモンガは“ぺんぺん”と名づけ
(←はんぺんのぺんw)、
お腹の上に乗っけてみたら、これがぴたりとフィット(笑)。
ホットミルクに並ぶ癒しグッズの座を射止めました♪

冬瓜と海老、銀杏のスープ、トマトパスタ [日記]

●2009年5月30日(土)/昼ごはん

昨日みっしりシゴトをしたせいか朝も眠くて仕方なく、
10時すぎにようやく台所に立ちました。

090530_1.jpg
・冬瓜と海老、銀杏のスープ
・トマトパスタ
・ロメインレタス
・トマトとモッツァレラサラダ
・とうもろこしごはん
・黒豆

090530_2.jpg
・冬瓜と海老、銀杏のスープ
 土鍋に昆布出汁を引き、冬瓜は種をとったワタ、皮も含め
 ひと口大にぶつ切りにして入れ、しいたけ、銀杏水煮、
 生姜の千切りを加え、日本酒と塩こしょう、しょう油を入れて
 冬瓜が透き通るまで煮ます。
 海老を洗ってぶつ切りにし、紹興酒と塩こしょう、葛粉をまぶし
 冬瓜スープに最後に加え、アクを取って出来上がり。

【冬瓜】…〔甘、淡、微寒/肺、大腸、小腸、膀胱経〕
       利尿、清熱、化痰、生津、解毒

 冬瓜は中医薬膳で白瓜、東瓜などともいい、
 水腫張満、淋証、痰喘、暑熱煩悶、消渇など
 体内の余分な水分を排出させたいときに用いられ、
 特にこれから湿度の高い梅雨時そして夏場に向けて
 むくみ防止に大活躍の食材です。

 冬瓜は実よりも皮(冬瓜皮)や種(冬瓜子)に効果が高いため、
 いつも皮もワタも一緒に煮込み、種も入れるときには
 茶漉しペーパーでくるんで入れます。

 定番は、鶏手羽元(骨付きぶつ切り、がポイント)と冬瓜、
 しいたけ、銀杏、生姜を土鍋でひたすら煮て、塩としょう油で
 味付けしただけの超シンプルメニュー。
 冬瓜がすべてのおいしいエキスを吸収して、驚きのおいしさです。

 今回は鶏肉がちょっと飽きたため、同じく冬瓜と相性がよく
 生姜と同じく冬瓜の寒性を和らげる温性の海老を使いました。

 ひと口啜ると、まさに“滋味あふれる”味わいです。。。

090530_3.jpg
・トマトパスタ
 カラーの花のようなフリルのついたショートパスタを茹で、
 玉ねぎ、黄パプリカ、豚こま肉を炒めてトマト缶を加え、
 トマトケチャップ、さとう、塩こしょうで味を調えたソースを絡めて
 最後にパセリみじん切りを散らしました。

今日は鍼灸学の授業でした。
安産や母乳の出をよくするツボなどもけっこうあるのですが、
同時に安産のツボは妊婦には禁忌(使ってはいけない)なので
非常に勉強になります。

何気に肩こりのときにガンガン揉んでいたところも
妊婦禁忌の経穴(ツボ)だと知って、どきりとしました(笑)。

明日も朝から授業。
少しずつでも夜更かしを直さなくては…。

とうもろこし炊き込みごはん、トマトとモッツァレラサラダ [日記]

●2009年5月29日(金)/晩ごはん

今日も朝から雨。
空気がひんやりしてベランダの草木も生き生き、
お腹の中でもおんなじなんだろうなぁ、と納得。

週末と月末が重なり、飛び込み案件や
自分でねかせたまま追い込むことになった案件などなど、
出社してデスクでお弁当を食べた以外、ひたすらシゴトでした。

外は雨が止まず、終日座りっぱなしでさすがに
ひざ下ストッキングの跡が…。
こんなときは、利水効果のあるとうもろこしです♪

090529_1.jpg
・とうもろこし炊き込みごはん
・けんちんうどん
・トマトとモッツァレラサラダ
・杏仁豆腐

090529_2.jpg
・とうもろこし炊き込みごはん
 皮付きままのとうもろこしの髭を洗って細かく刻み、
 実を小さなナイフではぎ取って、研いだお米に入れ
 日本酒、しょう油、昆布茶の素、塩ひとつまみを加えて
 ふつうに炊きました。

【とうもろこし】…〔甘、平/胃、大腸経〕
          調中開胃、利尿消腫

 とうもろこしは中医薬膳で玉蜀黍、玉米、珍珠米などといい、
 食欲不振や小便不利(尿の出がわるい)、水腫(むくみ)など
 特に夏場のむくみ対策によく用いられる食材です。

 特に実よりも髭のほうが効果が高いので、捨てずに
 細かく刻んで使っています。

 その他、高血圧や糖尿病、尿路結石や慢性腎炎による水腫
 などにも施膳されます。

090529_3.jpg
・トマトとモッツァレラサラダ
 今朝炊いてお弁当に持っていったごはんに、
 昨晩作ったけんちん汁のうどん、と残りものばかりだったので、
 これまた残っていたトマトサラダにモッツァレラチーズを加えて
 塩こしょう、オリーブ油を少々かけただけです。

今日はシゴトの間中、お腹のぽこぽこ♪は控えめで
つまらなくて寝ちゃってたのか、おとなしくつき合ってくれてたのか、
帰宅してご飯をいただきだした途端、俄然元気復活!

そうそう、昨日の朝一気にお腹が大きくなった気がする、と
たしか書いた気がしますが、今朝1週間ぶりに体重を量ったら
なんと!それまでの+3.8kg→+5.0kgになっていてビックリ!!

ここしばらく+3kgを前後したままだな~、と思っていましたが、
ホント増えるときは一気に来るんですね…(汗)。


あっさり豚汁、鶏手羽元柚子こしょう焼き [日記]

●2009年5月28日(木)/晩ごはん

朝から久しぶりの雨で、気温もぐっと涼しい一日でした。
昨晩の勢いさかんなぽこぽこ♪は、どうやらかなりの確率で
お天気の変動とリンクしているようです…。

090528_1.jpg
・あっさり豚汁
・鶏手羽元柚子こしょう焼き
・じゃこ天ときくらげのごま炒め
・冷奴(みょうが、白ごま)
・黒豆
・サラダ菜、トマト黄パプリカ

日中、会議つづきで合間に細かな作業や仕込があり、
冷たい雨の中、会社を出たのが21時すぎでした。

ここ数日、涼性のものばかり摂っていたので、
体を温めてくれて、ひと皿で満足度の高いものを・・・
で、「豚汁♪」に決定です。

090528_2.jpg
・あっさり豚汁
 鍋でお湯を沸かし、たっぷりのかつお節で出汁を引き
 下処理をして小口に切った人参、じゃが芋、大根、しいたけ、
 こんにゃく、ごぼうを煮てひたすらアクを取り(これがあっさりの決め手)、
 日本酒、しょう油、塩で味を入れてから
 木綿とうふとねぎを加え、最後に豚バラ肉を投入。
 ねぎの青い部分を散らして出来上がり。

【ねぎ】…〔辛、温/肺、胃経〕
      発表、通陽、解毒、殺虫

 ねぎは中医薬膳で葱白、火葱、大葱などといい、
 日本でもカゼのひき始めによいとされていますが
 中医学でも風寒感冒の初期に、風邪・寒邪の気を
 体表から追い出してくれるものとして重宝されています。

 この「風寒の」カゼの「ひき始め」という点がミソで、
 同じ風邪(ふうじゃ、とよみます)でもプラス熱邪による
 「風熱感冒」では辛温性の生薬・食材は逆効果なわけで、

 悪寒がする、発熱はあっても悪寒ほどひどくない、
 透明で水っぽい鼻水が出る、痰が無色透明、
 舌の色や表面の舌苔の色が薄白い、
 脈が浮・緊である、といった風寒の邪気による症状に対し、

 まだ邪気が体の深部にまで入ってきておらず
 体表から侵入しつつある段階で、
「辛温解表」のはたらきを持つ生薬や食材を用いる。
 というのが処方ルールです。

 ですから、冬にひくカゼは風寒型が多く、そのひき始めには
 ねぎや生姜などのいわゆる「体を温める」とされる中でも
 特に解表(体表の邪気を追い払う力があるもの)効果があるもの
 が用いられるんですね。

 そんなわけで、最近出番のなかったねぎですが
 今回は意識してばつばつお鍋に入れました。

090528_3.jpg
・鶏手羽元柚子こしょう焼き
 昨晩寝る前に、鶏手羽元を軽く水洗いして
 日本酒、しょう油、柚子こしょうをまぜたたれに
 浸しておき、朝クッキングホイルで両面をこんがり焼いて
 仕上げにみりんを加え、しいたけもおまけに入れました。

 味がしみておいしい!んですが、
 お弁当に入れると、、、食べづらいっす。

 プラスチックの短い箸ではつまみづらく、
 手で持つのも汚れちゃっていやだな~、などと
 うっかり1本、丸ごと口の中に横一文字に入っちゃって
 とても人前で食べられたものではありません(汗)。

食後、またしても元気よく ぽこぽこ♪始動。
いつもは夫が手を添えた途端、
何事もなかったようにだんまりを決め込まれていたのですが
今日は「…ぽこっ♪…ぽこっ♪」と、
夫も「おおぉっ☆」と感激の様子。

…まではよかったんですが、さらにつづく
「…ぽこっ♪…ぽこっ♪…ぽこっ♪…」

、、、あのー、これってもしかしてアナタ、
「しゃっくり」してませんか??
タグ:ねぎ 薬膳

オクラ納豆薬味いろいろ [日記]

●2009年5月27日(水)/晩ごはん

今朝は、10時の時報とともに
固定電話とケータイを両手にダイヤルし、
見事ケータイのほうが一発でつながって
めでたく某社の両親学級に予約が取れました[わーい(嬉しい顔)]

夫にも同時電話かけをお願いしていたので、
ケータイ話中かな?と思いつつ、予約取れたよコールをすると
あっさり出たので(笑)、「取れたよ!」と伝えると
「ケータイからだとつながりにくいって聞いたことがあるから、
公衆電話からかけてたんだけど、ずっとつながらないよー」。
…いい人で、ほんとよかったです。

090527_1.jpg
・もり蕎麦
・オクラ納豆薬味いろいろ
・トマト黄パプリカサラダ菜サラダ
・黒豆
・杏仁豆腐
・オレンジジュース

予約が難しい人気クラスを、無事確保できてほっとしてしまい(笑)、
ランチは久々に会社近くのインド料理屋でベジタリアンカレーを奮発。

本格スパイスがんがん入っていて大好きなのですが、
そのほとんどが辛温性のため、妊娠期で清熱を欲するカラダには
ちょっと逆行するのと刺激が強いので控えていました。
でも、気分上々でうっかり完食です…。

090527_2.jpg
・オクラ納豆薬味いろいろ
 蕎麦を茹でるついでにさっとオクラを湯がいて色止めし、
 しそ、みょうがと一緒に刻んで、納豆、ひねりごまを
 加えてしょう油で味をつけました。

【オクラ】…〔甘、苦、平/腎、胃経〕
       養陰生津、活血

 オクラは中医薬膳では秋葵といい、
 陰を養い、津液を生んで体を潤し、血のめぐりをよくしてくれます。

 カレースパイスのおかげか、午後体がぽかぽかするも
 心なしか気がアタマのほうに上気してしまい、のども渇くので
 清熱のサラダや蕎麦、また降気のオレンジジュースなど
 さっぱりあっさりした晩ごはんになりました。

 清熱=涼性のものが多く、もり蕎麦やサラダ、ジュースなど
 常温とはいえ体を冷やすものばかりだったので、
 辛温性のしそ、納豆、平性のオクラ、ごまを加えました。

晩ごはんの支度あたりから急に、お腹のぽこぽこ♪が
勢いづいてきて、ちょっとお腹が張っているような?…。

日々少しずつ大きくなっているのとは別にまた、
こうしてあるタイミングで目に見えてぐぐっと成長するらしいのが
最近なんとなく分かってきました。

天気の変化に連動している気もしています。
明日はどんなお天気かな?

タグ:オクラ 薬膳

チンゲン菜とチャーシウあんかけ風炒め [日記]

●2009年5月26日(火)/晩ごはん

最近、朝起きるのが億劫になってきました。
えぇと、慢性寝不足なのは妊娠前から変わらないので
正確にいうと、起き「上がる」のが、
という意味です。

まだお腹が重いという実感はありませんが、
イスに座ると太もものつけ根にそこはかとなく(!)
お腹のお肉が乗っかってる感触が…!

090526_1.jpg
・チンゲン菜とチャーシウあんかけ風炒め
・焼き鮭
・マッシュルームと野菜炒め
・おみそ汁(ちくわぶ、わかめ)
・五穀ごはん

090526_2.jpg
・チンゲン菜とチャーシウあんかけ風炒め
 チンゲン菜を1葉ずつはがして洗いながら手でちぎり、
 自家製チャーシウ薄切りとしいたけをオリーブ油で炒め
 チャーシウのつけだれとしょう油、こしょうを加えて強火にし、
 チンゲン菜を加えて一気に煽ってから溶き葛粉を加えました。

【チンゲン菜】…〔甘、平/---〕
          清熱除煩、通利胃腸、安神

 チンゲン菜は中医薬膳では青梗菜といい、
 内熱がこもって気持ちが落ち着かなかったり、
 整腸したいときに使われます。

 実はあまりチンゲン菜や白菜の根元部分の
 しゃくしゃくした食感があまり好きではないのですが、
 骨董好きとして久々に『なんでも鑑定団』が見たくて(汗)
 あわてて買い物をしたため思わぬものに手が伸びてしまい…。

あわてついでに、とにかく何かおみそ汁を、と
『なんでも…』を横目に具材が思い浮かばず、
自分でもオドロキの初ちくわぶ投入です。

“キング・オブ・おでん(何じゃそりゃ)”と問われれば、
間髪入れず“ちくわぶっ!!!”なんですが、
おみそ汁は、

おみそ汁は、

おみそ汁は、ダメだったみたいです…○| ̄|_

 

豚肉とやさいの焼ビーフン、杏仁豆腐 [日記]

●2009年5月25日(月)/晩ごはん

土日めずらしく家でのんびりしたせいか、
かえって今ひとつエンジンがかからない月曜日に…。

特に体調わるいわけでもなく、やはり人間
適度にアタマとカラダを使っていないとダメなのね、と実感。

090525_1.jpg
・豚肉とやさいの焼ビーフン
・小松菜とみょうがのかき玉スープ
・トマト
・新玉ねぎおかか和え
・おろし納豆
・梅干

090525_2.jpg
・豚肉とやさいの焼ビーフン
 昨晩夫が作ってくれた豚バラ肉のチャーシウの切れ端と
 玉ねぎ、人参、ピーマン、赤パプリカ、生きくらげと炒めて
 やわらかく戻したビーフンを入れてオイスターソース、しょう油、
 塩こしょう、紹興酒で味をつけました。

090525_3.jpg
・小松菜とみょうがのかき玉スープ
 唯一許せる(笑)anewのコンソメを指定の半分量だけお湯に溶き、
 しょう油、塩こしょうで味を調えてから、小松菜、みょうがを入れて
 とき玉子で綴じました。

090525_4.jpg
・(おまけ)杏仁豆腐
 さっぱりした口当たりのものが無性にほしくて、
 ついうっかり手を出してしまいました(汗)。
 本能のままにプリンやゼリーが並ぶコーナーに吸い寄せられつつ、
 どうせならのどによい杏仁を、と選びました。

【杏仁】…〔苦、微温、有小毒/肺、大腸経〕
       止咳平喘、潤腸通便

 杏仁は中医学では杏仁(きょうにん)といい、
 肺虚や久病による体力低下とともに出る咳で、
 痰が無色透明で切れにくい症状に多用される
 代表的な生薬です。
 肺気を降ろすことで咳をおさえる効果があります。

 中華食材コーナーに「杏仁霜」という杏仁パウダーを
 置いてあるスーパーも最近多く見かけます。
 甘い香りの(まさに杏仁豆腐の香り!)スキムミルク状の
 粉ですが、ひと瓶あると重宝です。

 ちょっとのどがいがらっぽいかな、というときに
 マグカップに牛乳と杏仁霜を大さじ1、2杯入れて温め
 ホットミルクとして飲んでいます。

今日こそジャズサックスのレッスンに休会届けをと思いつつ、
やっぱり足取りが重くて電話で本日欠席とだけ伝えました。

今までの生活を変えることに対する、ささやかな抵抗?
なのかもしれません…。
タグ:薬膳 杏仁

バナナとプラム、はちみつ入りホットケーキ、りんごとグレープフルーツサラダ [日記]

●2009年5月24日(日)/朝ごはん

昨日は近所に買い物に出たきりで運動もせず、
晩ごはんをみっちり食べたので、朝からお腹すかないかなー、
と思っていたのですが、

最近マイブームとなっているミネラルウォーターを
レンジで温めて白湯をマグカップ一杯飲んだところで
(ここ数日、清熱利咽にスペアミントの生葉を投入)、
きっちりお腹が鳴りました…。

090524_1.jpg
・バナナとプラム、はちみつ入りホットケーキ
・ロメインレタス
・りんごとグレープフルーツサラダ
・美生柑マーマレード
・ミルクティー

090524_2.jpg
・バナナとプラム、はちみつ入りホットケーキ
 見切り品で買ってきたバナナを消費したくて、
 何年ぶりかでホットケーキミックス粉を買いました。
 バナナ2本と牛乳をジューサーで粗く混ぜ、
 1回目は粉とバナナミルク、卵を、
 2回目は粉とバナナミルク、刻んだプラムとはちみつを
 投入して3枚ずつ計6枚、焼きました。

【バナナ】…〔甘、寒/脾、胃、大腸経〕
       清熱解毒、潤肺滑腸

 バナナは中医薬膳では香蕉、蕉子などといい、
 温熱病煩渇、大便秘結、痔瘡出血、肺熱燥咳によいとされ
 痔や便秘、長く続く咳嗽、また高血圧による血管硬化などに
 効くとされています。

 寒性で清熱のはたらきがあり、大腸に帰経し
 便秘解消の効果が高く、また大腸と表裏関係にある
 肺も潤してくれるため、今の私にはまさにぴったり。

 焼き立てにうすくバターをのばし、
 先日夫が作ってくれたマーマレードとつけたら
 甘すぎずバナナのいい香りがして◎でした。

090524_3.jpg
・りんごとグレープフルーツサラダ
 ひと口サイズに切って塩水にくぐらせたりんごと、
 ひと房ごとにナイフで切り分けたグレープフルーツ
 を合わせてはちみつ少々をなじませ、
 仕上げにスペアミントを散らしました。

朝から定規でまっすぐ線を引いたような
きれいな直線の雨が降り、空気がひんやりして気持ちいいです。

昨日につづき朝からジャズ三昧。
自分でも15年以上(Wow!)ジャズサックスを
尊敬する現役ジャズサックスプレーヤーである師匠に
ついて習っているのですが、
4月からずっとレッスンをさぼったままです。

さすがに妊婦で通い続けるのはどうかと思い、
長期休会を申し出にいかなくては、と分かりつつ
育児に入ったらレッスン継続は現実的ではないだろうな、
と思うと何だかさみしくてつい、ズルズルそのまま…。

今までだってシゴト最優先で散々サボってきたくせに、
人間なんて勝手なものです。

でもやっぱりジャズ最高です。
胎教もさることながら、真剣にお稽古ごと?として
クラシックピアノより断然、ジャズピアノand/orサックス、
と密かな野望をいだいたりして…。


タグ:バナナ 薬膳

新じゃがと豚バラ肉じゃが風、鱒(マス)酒粕漬け焼き [日記]

●2009年5月23日(土)/晩ごはん

今週は、毎週末に通っている中医薬大学の講義が
ウラ授業(すでに受講終えた科目の再聴講)だったので
久々に2日丸まる休むことにしました。

薬膳学科時代から現在の中医薬学科まで
丸3年以上通学していて、一昨年秋からはウラ授業も
すべて取っていたので毎週土日はひたすら授業。

7月の卒業試験に向けてあとひと月で、
本格的な卒業試験対策が始まりますが、それまでは
自分ではまったく無理は感じないものの、すこしは
大事をとって骨休めしておこうと思います。

“妊娠中は何事も7割がちょうどいい”と何かで読みましたが、
考えてみれば7日間シゴトと学校で祝祭日以外は休みなし
だったので、平日5日みっちり働いていれば
それだけですでに7割なんですよね…。

090523_1.jpg
・新じゃがと豚バラ肉じゃが風
・鱒(マス)酒粕漬け焼き
・キャベツと昆布、黒ごま浅漬け
・冷奴(しそ、みょうが、生姜)
・五目ひじき豆
・ロメインレタスとトマトサラダ
・おみそ汁(かぶ、なめこ)
・白米ごはん

090523_2.jpg
・新じゃがと豚バラ肉じゃが風
 新じゃがは軽く皮の泥を落とし、昆布出汁で
 人参、豚バラと落し蓋をして煮込み、
 日本酒、しょう油、さとう、みりん、塩を入れ
 グリンピースを最後に入れました。

【人参】…〔甘、辛、平/脾、肝、肺経〕
      健脾和中、滋肝明目、化痰止咳、清熱解毒

 人参は中医薬膳では胡夢ト、胡芦菔などといい、
 脾虚による食欲不振や体力低下、腹痛、下痢、
 視力低下や夜盲症、咳喘、咽喉腫痛などによいとされます。

 子供の消化不良や、夜盲症、胃痛などに施膳されます。
 温熱性でも寒涼性でもない中間の平性に属し、
 消化機能を調えてくれるので扱いやすい食材です。

090523_3.jpg
・鱒(マス)酒粕漬け焼き
 先日、夫が山形県庄内のミルキークィーン米と一緒に
 注文してくれた最後の2切れ。
 味噌と酒粕の合わせの発酵がかなり進んでいて、
 ちょっとほぐして口に入れるとすごく濃厚な香りが。
 …日本人やっててよかったー!な逸品でした。

先日買ったジャズのCDから何枚か聴いて、
浜辺のアザラシの如くリラックス(笑)。

どういうわけか、今回もエレキギターのソロ部分で
お腹のぽこ♪が入るので、もしかしてほんとうに
ギターソロ好き?なんでしょうか…。

ギタープレイヤーのお気に入り、グラント・グリーンの
アルバムでも聴かせて、再度反応見てみようと思います。

タグ:人参 薬膳

鶏ごぼう炊込みごはん、そら豆 [日記]

2009年5月22日(金)/昼ごはん(弁当)

昨晩のごぼう献立第2弾として、
朝から鶏ごぼう炊込みごはんを作ってお弁当に。

090522_1.jpg
・鶏ごぼう炊込みごはん
・にらと白ごま入り玉子焼き
・ごぼうときゅうりのごまだれ和え
・海老とセロリのさっと茹で
・そら豆
・黒豆
・梅干

【そら豆】…〔甘、微辛、平/脾、胃経〕
        健脾利水、解毒消腫

 そら豆は中医薬膳では蚕豆、仏豆、羅漢豆などといい、
 脾胃の働きを助け、むくみによいとされます。
 ただし食べ過ぎは腹張になりやすいのでほどほどに。
 
 旬の今時期、ちょっとつまむ程度の量が
 ちょうどいいようです。
 
 ちなみに私はそら豆の皮も食べちゃう派。
 かみしめると旨味と香りが強くて好んで丸ごと食べてます。
 消化によくないと言われたりもしましたが、
 なんだか一番おいしいところを捨ててるみたいで
 どうにも止められないんですよねー。

ガーゼマスク2日目。
こまめにイソジンと緑茶うがいもして、
ごぼう&薄荷効果があったのか?、気付けば
のどの痛みは消えていました(安堵)。

今週もよく食べよく働きました。
気のせいか、今日はお腹が一気にひと回り
大きくなったような…。

晩ごはんの途中から、お腹のぽこぽこがまた元気に。
明日はゆっくりお休みするからね…。


タグ:そら豆 薬膳
前の10件 | -
-|2009年05月 |2009年06月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。