So-net無料ブログ作成

鶏ねぎのあったかつけ蕎麦、ほうれん草と厚切りベーコンソテー [日記]

●2009年6月5日(金)/晩ごはん

今朝は夫が日帰りの法事で出かけ、
帰りは寝台特急で明朝上野着とのことで
晩ごはんはひとり(ふたり)。

痛風メニューから束の間解放され(笑)、
「今夜は何でも好きなもの食べるぞぉぉおっ!!」
と鼻息荒くスーパーをウロウロして、
目に付くものを買ったらこんなちぐはぐなメニューに…。

090605_1.jpg
・鶏ねぎのあったかつけ蕎麦
・ほうれん草と厚切りベーコンソテー
・もずく酢
・ちくわと人参、黄パプリカなます
・中華くらげ

090605_2.jpg
・鶏ねぎのあったかつけ蕎麦
 濃い目の鰹節出汁を引き、ねぎ、鶏胸肉を刻んで入れ
 しょう油、日本酒、塩で味をいつもより濃くしてつけ汁に。
 茹でて冷水で締めた蕎麦をつけていただきました。

090605_3.jpg
・ほうれん草と厚切りベーコンソテー
 フライパンにバターを熱し、ブロックベーコンをばつばつ厚切りにして
 じっくり炒め、ほうれん草を投入、塩こしょうして強火で一気に
 あおっただけの超シンプルメニュー。

【ほうれん草】…〔甘、平/肝、胃、大腸、小腸経〕
          養血、止血、平肝、潤燥

 ほうれん草は中医薬膳では菠菜、紅根菜、赤根菜などといい、
 頭痛やめまい、出血(鼻血や便血など)や痔、
 消渇(≒糖尿病)によるのどの渇きなどによいとされ、

 高血圧による頭痛めまい、慢性便秘、また
 夜盲症(トリ目)や脾虚によるお腹の張りなどの症状に
 用いられます。

 実は昨日、おとといと夕食後にお腹のぽこぽこ♪が
 すごく活発で、勢い余ってなのか(?)うっすらと帯下に血が…。
 いずれも翌朝~日中は何ともなかったので、
 様子を見つつ、気休めも兼ねて養血・止血作用のある
 ほうれん草をがつっと摂りました。

090605_4.jpg
・アメリカンチェリー
・プリン
・りんごジュース

 夕食後のデザートです。
 アメリカンチェリーは痛風によいとあったので買いましたが、
 夫のいない間に全部食べちゃいました(汗)。
 
 プリンはふつう?の人のケーキに相当する(?)、
 私にとってはかなりテンション高いスイーツ。
 りんごジュースも、青森のふじりんご100%という
 かなりお高いものでしたが、これもフンパツ。
 ちびちび飲もうと思ったのに…ほぼ一気飲み状態(汗)。

気のせい…だとは思うのですが、夕食準備に台所に立つと
水音?とかでお腹の中でも分かるのか、俄然、元気になるような(汗)。

お昼お弁当を食べてから夕食まで何も口にしないことが多く、
本当はおやつを間食としてきちんと摂らないといけないと
分かってはいるものの、仕事にかまけてしまうのと

契約スタッフとして一緒に働いてくれている子の手前、
自分だけ食べるのが気が引けてしまい(今までおやつ類など
都度差し入れや余分に彼の分も買ってきたので^^;)、
思うように食べられないのです(涙)。。。

なので、「お腹空いたんだよぅ!」的なアピールもあるのか
とにかく今日は夕食を作りながら、先にくるみパンとチーズを
口にして、ソフトランディングしました(笑)。

コーフン曲線がゆるやかだったせいか(?)、
今夜は出血もなく、ほっとしています。。。

やっぱり、おやつもちゃんと食べないとだめかな…。
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。